FANDOM


"ぐるぐる回る...迫力があるゴリラで...霊長類の王と言えば...そう、ドンキーコングだ! "
—『スーパードンキーコング』のマニュアル
ドンキーコング
DK DKCR
『ドンキーコング リターンズ』のドンキーコングのアートワーク
別名 D.K.
ジャングルの王
(英語版 : Donkey Kong III)
居住地 ドンキーコングアイランド
家系 クランキーコング (祖父) リンクリーコング (祖母),
ディディーコング (おい),
キャンディーコング (彼女とのうわさ),
コングファミリー

ベビーコング (おい) 兄弟姉妹 ドンキーコングJR. (父)

コング
関係者 コンフファミリー
アニマルフレンド
パワー/アビリティ 驚異的な力、
樽の無制限供給、
優れたスウィングスキル、
武器としてボンゴを使う能力、
叩くことによる破壊音波の生成
キングクルール
クレムリン軍団
カオス
マンキーコング
ファイナルコング
クッパ
カメック (赤ん坊)
(かつての) マリオ
ゲーム すべての『ドンキーコング』 (ゲーム内では言及されているのみの『ドンキーコングGB ディンキーコング&ディクシーコング』を除く)。

マリオパーティ9


ドンキーコング (Donkey Kong。DKドンキー と短縮されることや、英語では Donkey Kong III (ドンキーコング3世) と呼ばれることもある) は『ドンキーコング』シリーズの主な主人公でかつアンチヒーロー。彼は脳天気で怠け者である。けれどもドンキーコングアイランドでは信頼されている英雄である。

ドンキーコングとして知られているが、彼は実際には、現在のマリオの先祖と思われる者の手によって幾多の敗北後にリタイアした初代ドンキーコングの子孫で後継者ある。

ドンキー・コングとして知られていますが、彼は実際には元のドンキー・コーンとドンキー・コング・ジュニアの両方の新しいキャラクターと子孫であり、マリオの手に数多くの敗北を喫した後引退したオリジナルの後継者です。

最初の3つのドンキー・コング・カントリー・ゲームとドンキー・コング・ランドは元々、ドンキー・コングをクランキの孫と表現していましたが、これはゲームを通して最も一貫したストーリーラインでした。 DKCのマニュアルでは、彼をオリジナルのDKとDonkey Kong Juniorから分離した「まったく新しいキャラクター」と題し、「以前のビデオゲームのヒーロー」とも言います。

論争はドンキーコング64から始まりました(ただし、孫の言うゲームの日本版と同様の時期に出てきた公式の日本の任天堂オンラインマガジンを除く)、彼はクランキの息子であると主張しているかもしれませんが、 「息子/息子/私の子」が「孫」の略語であることは一般的であるだけでなく、年配の人たちが文字通り、生物学的に関連しているかどうか(「父親」には「パッピー」も一般的に使用されている)、CKはDKCとDKCRで確認されている) DK64はDKCとDKC2とではなく、Rareの別のチームによって開発され、矛盾する記述につながる可能性があります。 DKC GBC / GBAリメイク、スーパースマッシュブラザーズブロー、ドンキーコングカントリーリターン、ドンキーコングカントリー:トロピカルフリーズ、Cranky Kongが確認され、ドンキーコングの祖父であることがさらに固まった。

ドンキー・コング(Donkey Kong)は、同じ名前のゲーム「ドンキー・コング(Donkey Kong)」の中心的な敵対者として登場しました。しかし、彼が壊れたとき、彼は引退し(結局上に述べた)、結局、年月を経てCranky Kongという名前になった。

キャラクターとしてのドンキーコングは最初に同名のゲーム『ドンキーコング』で中心的な敵対役として最初に登場した。しかし、彼が破れたとき、(上記で言及されているように) リタイアして最終的に歳を重ねてクランキーコングという名前になった。

彼の息子のDonkey Kong JR。 現在のロバのKongの父親かもしれないし、彼の祖父の名前、血液グループ、責任を継承しているかもしれません。

現在のドンキーコングはレア社によってデザインされ、バナナの収集に何日も費やし友人や家族、とくに彼のおいで無二の信用ディディーコングとの時間を過ごしている脳天気なサルである。ドンキーコングはまさに自分の島とバナナ貯蔵庫の守護者である。そしてこれによって、彼は常に盗みを働く者や危害を加える者から島をうつも守っている。初代ドンキーコングのキャラクターデザインは『ドンキーコング』のアーケード版用として宮本茂が制作した。

ドンキーコングの声は、2004年の時点でほとんどが長嶝高士が担当している。

関係 編集

ディディーコング編集

ディディーコングはドンキーコングの「小さな親友」である。ディディーコングは自分の人気のある友人と一緒に数多くの冒険に乗り出している。ドンキーコングを助けたことすらあった。ディディーは恐らくその若さ故に自分の友人よりも楽天的な性格である。ドンキーコングとディディーコングとの関係は、お互いに兄弟ではないが、マリオとルイージとの関係に似ている。夢は32までに結婚すること。ちなみに無銭飲食、無免許運転など、数々の補導歴がある。

クランキーコング 編集

クランキーコングとは怒りっぽくて絶えずおしゃべりをする現在のドンキーコングの祖父である。 彼はアドバイスを必要としている冒険に出かけるドンキーコングを助ける方法を模索している。『ドンキーコング リターンズ』(Donkey Kong Country Returns) では、クランキーはドンキーの祖父とされ、ドンキーを育てたという。

ドンキーコングJr. 編集

ドンキーコングJr. は初代ドンキーコングの息子で、現在のドンキーコングの父である。ドンキーコングJr.は『ドンキーコングJR.』でマリオにさらわれ幽閉された自分の父を救った。

ファンキーコング編集

ファンキーコングはドンキーコングの友人であり仲間である。彼は冒険中のドンキーコングに何度も手を貸した。ファンキーコングはほぼおなじ外見により、実際にはドンキーコングの兄弟と推測される(毛の色が薄いことを除けば、サングラスとバナナがないファンキーコングはドンキーコングとまさに同一である。)。


キャンディーコング 編集

キャンディーコングはドンキーコングのガールフレンドである。しかし『大乱闘スマッシュブラザーズX』によると、彼女はガールフレンドと「うわさ」されているだけである。またマリオシリーズでのドンキーコングはキャンディーコングではなくポーリンに興味を示している。


マリオ 編集

ドンキーコングとマリオにはちょっとした対立関係がある。彼らの対立は例えば『マリオvs.ドンキーコング』シリーズなど新しいコースで見られる。しかし彼らはスポーツ、カートレーシング、パーティゲームなどで良い意味での競争意識をも見せている。また一方でドンキーコングとマリオは良き友人どうしである。ドンキーコングは巨体であるけれども、彼はマリオよりもかなり若い。

ポーリン 編集

ポーリン (Pauline) は初代の『ドンキーコング』でクランキーコングに、『マリオvs.ドンキーコング 2』の現在のドンキーコング誘拐された、マリオが助けなければならなかった女性である。ポーリンとドンキーコングとの関係は知られていない。

ギャラリー 編集

アートワーク 編集

スクリーンショット 編集

スプライト 編集

参考文献 編集