FANDOM


ドンキーコング リターンズ 3D
DKC Returns 3D
デベロッパー: Monster Games
パブリッシャー: 任天堂
プラットフォーム: ニンテンドー3DS
リリース日: Flag of USA 2013年5月24日
Flag of Europe 2013年5月24日
Flag of Japan 2013年6月13日
ジャンル プラットフォーマー
レイティング CERO : A (全年齢対象)
ESRB: E (全年齢対象)
モード 1人用とマルチプレイ対応
メディア カートリッジ
入力機器など DSのコントローラーなど

ドンキーコング リターンズ 3D (Donkey Kong Country Returns 3D) とは『スーパードンキーコング』シリーズの5作目にあたる作品。2010年に発売されたWii対応の『ドンキーコング リターンズ』をニンテンドー3DSに移植して3D化したリメイクである。10年以上前の初代の『スーパードンキーコング』のストーリーや舞台も引き継いでいる。ドンキーコング リターンズ 3Dはニンテンドー3DS対応で Monster Games が開発した 2D のプラットフォーマーとして、2013年2月14日にニンテンドーダイレクトによってアナウンスされた。[1]

ドンキーコングリターンズからの変更点 編集

『ドンキーコング リターンズ』との違いはニンテンドー3DSならではの立体表示に加えて、初心者がプレイしやすくゲームオーバーになりにくい「ニューモード」と、本編クリア後に新たに手強いコースを楽しめる「スカイハイエリア」が登場した。

「ニューモード」ではドンキーの体力が通常のモードよりも+1てゲームオーバーになりにくくなった。さらに、ディディーと一緒のときは体力の最大数が6になる。

新アイテム 編集

3DS対応版ではステージから落ちても1回だけ復帰できる「グリーンバルーン」、相棒ディディーをどこでも呼び出せる「ポータブルDKバレル」、トロッコやロケットバレルに乗っているときにぶつかった衝撃から2回保護される「クラッシュガード」というアイテムが新たに追加されている。

ポータブルDKバレル

いつでもディディーを呼び出せるポータブルDKバレル

スカイハイエリア 編集

「スカイハイエリア」は、3DS版で本編クリア後に登場する。それまでにプレイした8つのエリアをテーマとした上級者向けの難易度が高い新しいコースが登場する。

DK Returns3D World9-2 Basyabasyabeech

本編クリア後に新たに登場する高難易度の「スカイハイエリア」

確認済みの情報 編集

キャラクター 編集

  • ドンキーコング
  • ディディーコング
  • ランビ (Rambi the Rhinoceros)
  • クランキーコング
  • スコークス (Squawks)

ボス 編集

  • マグリー (Mugly)
  • ステュー (Stu)
  • パイレーツクラブ
  • モールカート (Mole Miner Max)
  • マンゴルビー (Mangoruby)
  • サグリー (Thugly)
  • ドクターチキン
  • ティキトング

ティキ族 編集

  • カディリー (Kalimba)
  • マラ、カッキー、ラスキー (Maraca Triplets)
  • ゴングォー (Gong)
  • ボンジョ (Bongo)
  • ワッキーパイプ (Panflute)
  • ザイロボーン (Xylophone)
  • ディオン (Accordian)

ビデオ 編集

トレイラー 編集

参考文献 編集

  1. http://www.nintendo.com/nintendo-direct/archive/02-14-2013/

外部リンク 編集